音声指導研究部会

音声指導研究部会は、英語授業における音読指導・発音指導を「音声指導」として広く研究する部会です。次の3つの目標を軸に活動しています。

  • 教育現場での英語音声指導に本当に役立つ指導法を研究すること。
  • 英語の音声に対する学問的な理解を深め、音声学・音韻論に親しむこと。
  • 部員が互いに英語音声に関する技能を高めあい、明瞭でよく通じる発音能力を持ち、国際語としての英語 (English as an International Language) を自信を持って音声表現できる「スーパーネイティヴ」の域へと達すること。

2007年からは、豊かな音声表現を実現するための学問的な枠組みを「音読学」の名のもとに研究し、教科書、市販教材、歌や詩などさまざまな素材について、音声学・意味論・認知心理学・音楽理論など多くの観点から分析と実演練習を行っています。

 

⇒TOP